交通事故に巻き込まれたときの相談相手とは

交通事故に巻き込まれてしまったときに相談するべき正しい相手は、保険会社ではなく弁護士です。
弁護士と聞くと裁判を思い浮かべてしまうかもしれませんが、どちらに相談しても示談にすることはできます。
「弁護士が必要になるのは民事訴訟から」、という認識は間違っています。
なぜ保険会社ではなく弁護しなのか、そういったことを含めて理由を解説いたします。


交通事故をなぜ弁護士に相談するべきなのか

弁護士に交通事故の相談をすれば、示談になったときの慰謝料が数倍変わるからです。
こちらが巻き込まれた被害者の場合は、示談や民事訴訟などといった手続きをとることで慰謝料を求めることができます。
自動車を運転している人の大半は自動車保険に入っているので、この慰謝料は保険会社から支払われることになります。
そのため、保険会社はすぐに被害者とコンタクトをとって、なんとかして示談金を下げようと交渉して承諾書にサインを求めてきます。
この承諾書にサインをしてしまえば、それ以上慰謝料を求めることは難しくなってしまいます。
このようなときに、法律に強い弁護士が必要になるのです。
重大な後遺障害が残る可能性もある交通事故に巻き込まれたなら、しっかりと慰謝料を請求しなければいけません。