弁護士に相談するのは交通事故直後だけではない

交通事故からしばらく経って、何かしらの後遺症があらわれる可能性があります。
そういった場合は、すでに示談が終わっていることがほとんどです。
しかし、後遺症が残っていると判断されればまた別の問題ができます。
その際に再び弁護士と相談をして、どの程度の後遺症が残ってしまったのかを法律に基づいてはっきりさせなければいけません。
そうすることで、本来少なく提示されていた慰謝料を正しい金額に増額することができるからです。


交通事故による後遺障害と慰謝料

後遺障害があると判断された場合、その等級に基づいて損害賠償を請求することが出来ます。
後遺障害とは、簡単にいえば交通事故によって負った後遺症のことを指します。
弁護士に相談をすることで、慰謝料の交渉を有利にもっていくことができます。
なぜなら、保険の基準ではなく裁判所の基準で交渉をすることができるからです。
保険の基準というのは、保険会社が抑えるための基準なのでとても低く設けられています。
裁判所の基準に則って交渉をすれば、およそ4倍の慰謝料を請求することができます。


後遺障害の等級とは

後遺障害は、その状態によって14の等級に分けられています。
介護が必要になるほどの重い障害から、歯科施術が必要になる程度の怪我まであります。
先ほどの基準の例で言うと、重い障害なら1,000万円がおよそ3,000万円。
軽い障害なら30万円がおよそ100万円まで慰謝料を請求することができるのです。