交通事故に遭うまたは巻き込まれてしまったら

交通事故は、発生直後の対処が一番重要になります。
なぜなら、そのときの状況が一番の証拠になるからです。
突然のトラブルに混乱して冷静さを欠いてしまいがちなので、まずは落ち着きましょう。
基本的な流れは、以下の通りです。
警察へ届出連絡→事故の相手を確認→事故目撃者を確保→自分で記録→病院


交通事故が起きたら必ず警察へ届出

交通事故は、必ず警察へ届出の連絡をして、巻き込まれた旨を警察に伝えて「人身事故扱い」にしてもらわなければいけません。
なぜなら、その扱いがあって初めて弁護士が動けるからです。
巻き込んだ加害者だけでなく、巻き込まれた被害者も警察に連絡をしましょう。
そして、警察が来るまでの間にもするべきことがあります。


相手の確認と目撃者の確保および記録

加害者の確認と、第三者の確保、そして事故直後の写真などを撮ったほうが良いです。
まず、加害者には「住所・名前・連絡先」と、「保険会社名」、「車のナンバー」、「勤務先の住所・連絡先と雇主の名前」を聞いておくとベストです。
次に、できれば交通事故を目撃した第三者をつかまえて、「どのように事故が起きたか」の証言、「氏名・連絡先」を控えておきましょう。
民事裁判など示談では解決しなかったときに、証人なってもらうことがあるかもしれないからです。
そして、事故直後の記憶を明確に思い出せるとは限らないので、警察が駆けつける前に写真など記録を残しておきましょう。
弁護士に相談するときに完璧な証拠になります。

最後に。
交通事故に巻き込まれたら、怪我がないと思っても必ず病院で医師の診断を受けてください。